Onthaiトップページ市内交通その他の交通機関
その他の交通機関
トゥクトゥク、シーロー、バイタクなどのローカル系。
(最終更新日:2004年7月1日)

●風情あるトゥクトゥクだが、オススメするには…
 バンコクには数多くの交通機関が存在する。ただ、そのなかには旅行者が利用しにくいもの、利用する価値があまりないものなどもある。ここでは、そうした交通機関の情報について簡単にまとめてみた。

 トゥクトゥクは、いかにもタイの風情が感じられる交通機関。バイクの後ろに乗員用の座席を付けたユニークなスタイルは、タイを訪れたことのない人にも知られているほど有名だ(事実、タイ政府観光庁が日本で放映したCMにも使われていた)。

 ところが、このトゥクトゥクは、バンコク市街中心部においてはあまりオススメとはいいがたい。その理由は運転手の質と、メータータクシーと比べた場合のコストパフォーマンスだ。メータータクシーの台数が増加するにともない、トゥクトゥクの数は減少し、市街中心部では寺院やショッピングスポットで客待ちをしている姿をかろうじて見かけるくらいとなっている。
 しかし彼らがクセ者で、客が乗った途端に宝石店や土産物店の客引きに変貌する(まじめな運転手も、ひょっとしたらいるのかもしれないが……)。

 料金も、同じ距離をメータータクシーで走ったときに比べて安いことはまれ。安全性を考えたら(トゥクトゥクは交通事故で横転し、乗客が路上に投げ出される可能性がある)メータータクシーに軍配が上がる。

ローカル系の市場周辺では“健全”なトゥクトゥクが営業しているが、寺院や観光地での利用は避けたほうが無難。 これはソイトンロー(ソイ55)のシーロー。エリア限定だけに地理にも明るく、お店の前までアクセスしてくれる。

●バイクタクシーの利用は危険を覚悟で
 一方、ソイの中を走る乗り物としては、バイクタクシーやシーローがある。バイクタクシーはソイ内10バーツ、シーローはソイ内20バーツが基本で、ソイの奥にアクセスするには便利な存在だ。
 ただし、バイクタクシーは万一を考えると極めて危険。少なくとも日本で二人乗りをしたことのない人は利用すべきではない。

 シーローが常駐しているソイはバイクタクシーよりも少なく、スクンビットではソイアソーク(ソイ21)より東側ばかり。
 あらかじめシーローの利用を織り込んでスカイトレインを使うより、ソイの奥までメータータクシーを利用したほうが確実だ。

ソイの入り口で揃いのベストを着たライダーがいれば、バイクタクシー。ソイの奥にも客待ちするポイントがある場合もある。 ロットトゥー。よく見るとフロントウインドーに行き先の看板が出ている。どうやらこのクルマはランシットまで行くらしい。

●不思議な交通機関、ロットトゥー
 公共交通機関の中で、もっとも不可思議な存在がロットトゥーだ。ひとことで言えば乗り合いの1BOXカーなのだが、はっきりとわかる路線はバンコクとアユタヤを結ぶ路線くらい。
 ビクトリーモニュメント(戦勝記念塔)のそばから発着し、運賃は40バーツだ。

 その他の路線もあるにはあるのだが、たいていはバス停に1BOXカーが近寄ってきて、地元客がバタバタと乗り込んで出発という形式。旅行者が利用するにはハードルが高すぎる。

▲ページのTOPへ
[サイトご利用上の注意]
 このサイトの情報については、できる限り最新のものを掲載するように心がけておりますが、料金の改定その他の理由で情報が不正確となっている場合があります。
 掲載されている情報につきましては、ご自身の判断でご利用いただきますよう、お願いします。情報の誤りによって生じたご利用者の損害等につきましての責は負いかねますので、ご容赦ください。
 また、当サイトに掲載されている情報や画像の無断転載は、堅くお断り申し上げます。
◆ドンムアン空港
空港から市内まで ≫
空港施設ガイド ≫
◆街とエリア
スクンビット地区 ≫
シーロム地区 ≫
チットロム地区 ≫
サイアム地区 ≫
ドゥシット地区 ≫
ヤワラー地区 ≫
ラチャダー地区 ≫
◆市内交通
メータータクシー ≫
スカイトレイン ≫
地下鉄 ≫
ソイバス ≫
路線バス ≫
水上交通 ≫
運河ボート ≫
その他 ≫
◆宿泊施設
ホテル事情 ≫
ホテルガイド ≫
サービスアパート ≫
ゲストハウス ≫
◆買い物・食事
デパート ≫
露店 ≫
マーケット ≫
レストラン ≫
フードセンター ≫
屋台 ≫
◆リラクゼーション
エステ ≫
古式マッサージ ≫
◆生活情報
携帯電話 ≫
公衆電話 ≫
ネットカフェ ≫
日本語情報誌 ≫
◆サイト情報
このサイトについて ≫
お問い合わせ ≫
<PR>
copyright Onthai 1996-2004, all rights reserved.