Onthaiトップページ市内交通水上交通
水上交通
チャオプラヤー川の恵みを生かした交通機関。
(最終更新日:2004年7月1日)

●市民の“足”として愛される、水上交通
 日本で「水上バス」というと、実用よりも観光的な意味合いが強くなる。もちろん、バンコクを流れるチャオプラヤー川にも観光船が運航されているが、それ以上に“市民の足”としての定期船も多数行き交っているのだ。

 そうした実用的航路の代表が、チャオプラヤー川の東岸と西岸を結ぶ渡し船だ。多くの観光客がワットアルン(暁の寺)を訪れるときにお世話になるタティアン−ワットアルン線のほか、「ここが渡れたら……」という場所には、たいてい運行されている。運賃は2バーツだ。

チャオプラヤーエキスプレスボート。この船は各駅停車。急行線は赤い旗を、特急線は黄色い旗を船の前方部に立てている。 渡し船の桟橋はチャオプラヤーエキスプレスボートの桟橋に隣接していることが多い。乗る前に2バーツを桟橋入り口で払う。

●川の上でも、各停/急行/特急を運航
 また、チャオプラヤー川を上下に運行するチャオプラヤーエキスプレスボートも、多くの市民に利用されている。
 航路は上流のノンタブリーからラーチャプラナ間で、すべての船着き場に止まる“各駅停車”のほか、特急船、急行船も運行。料金は距離制で、各駅停車が初乗り6バーツ〜最大10バーツ、急行船、特急船はそれぞれ割り増し運賃となる。

 このチャオプラヤーエキスプレスボートは場所によって川の東岸、西岸を千鳥状に回っていくが、船着き場を渡し船と共用(隣の桟橋から発着する)しているところも多いので、対岸へは渡し船を使うようにすれば、川沿いの場所へはたいていアクセス可能となる。

チャオプラヤーツーリストボートの目印は、船体上部のこの看板。英語のできる係員が、出航後に検札に回ってくる。 75バーツの1日券は、サイアム駅、ナナ駅、サパーンタクシン駅にあるインフォメーションセンターで購入可能。

●ツーリストボートを75バーツで乗りまくろう
 さらに、チャオプラヤーエキスプレスボートと同じような船体を使ったチャオプラヤーツーリストボートも運行されている。
 こちらは主に観光客をターゲットとしたもので、スカイトレインシーロム線の終点サパーンタクシン駅そばのサトーン桟橋からソイカオサンそばのバンランプー桟橋の間を運航。途中で止まる船着き場も観光客向けにアレンジされており、とくに王宮のすぐ裏のマハラジャ桟橋(チャオプラヤーエキスプレスボートは止まらない)に止まるというのが目玉となっている。
 つまり、スカイトレインのサパーンタクシン駅でチャオプラヤーツーリストボートに乗り継げば、渋滞に悩まされることなく、王宮周辺へとアクセスできるのだ。このルートを覚えておいて損はないだろう。

 このチャオプラヤーツーリストボートは区間ごとに利用することも可能だが、スカイトレインの主要駅で75バーツで販売されているガイドブック付き1日乗り放題のチケットの利用をおすすめしたい。
 なお、運航時間は一般のチャオプラヤーエキスプレスボートよりも短く、午前9時30分〜午後3時(サトーン桟橋発時刻)までで、運航間隔は30分ごととなっている。

▲ページのTOPへ
[サイトご利用上の注意]
 このサイトの情報については、できる限り最新のものを掲載するように心がけておりますが、料金の改定その他の理由で情報が不正確となっている場合があります。
 掲載されている情報につきましては、ご自身の判断でご利用いただきますよう、お願いします。情報の誤りによって生じたご利用者の損害等につきましての責は負いかねますので、ご容赦ください。
 また、当サイトに掲載されている情報や画像の無断転載は、堅くお断り申し上げます。
◆ドンムアン空港
空港から市内まで ≫
空港施設ガイド ≫
◆街とエリア
スクンビット地区 ≫
シーロム地区 ≫
チットロム地区 ≫
サイアム地区 ≫
ドゥシット地区 ≫
ヤワラー地区 ≫
ラチャダー地区 ≫
◆市内交通
メータータクシー ≫
スカイトレイン ≫
地下鉄 ≫
ソイバス ≫
路線バス ≫
水上交通 ≫
運河ボート ≫
その他 ≫
◆宿泊施設
ホテル事情 ≫
ホテルガイド ≫
サービスアパート ≫
ゲストハウス ≫
◆買い物・食事
デパート ≫
露店 ≫
マーケット ≫
レストラン ≫
フードセンター ≫
屋台 ≫
◆リラクゼーション
エステ ≫
古式マッサージ ≫
◆生活情報
携帯電話 ≫
公衆電話 ≫
ネットカフェ ≫
日本語情報誌 ≫
◆サイト情報
このサイトについて ≫
お問い合わせ ≫
<PR>
copyright Onthai 1996-2004, all rights reserved.