Onthaiトップページ宿泊施設ホテル
ホテル事情
バンコクのホテル選びで大切なことは。
(最終更新日:2004年12月16日)

●供給過剰なバンコクのホテル事情
 バンコクは90年代以降、慢性的にホテルが供給過剰となっている。
 とくに中級〜高級クラスでは、立地のいい場所に建つホテルには人気が集まっているため、ホテルの宿泊料金は高いところと安いところに二極分化していた。そしてスカイトレインの開通以降は駅に近いホテルがさらに人気となったため、その傾向はさらに強くなっている。
 このコーナーでは、そうしたバンコクのホテルについて、ホテルを選ぶ際の注意点について簡単に紹介したい。

シリキット公園に隣接するインペリアルクイーンズバーク。ツアーでも人気だが、スカイトレインの駅からは意外に遠い。 サトーン通りのバニヤンツリーは、ウェスティングループから離脱。ウェスティンはスクンビットの別のホテルを買収した。

●毎日出歩くなら、ロケーションは重要だ
 毎日ホテルからスカイトレインを使って買い物や観光に出歩くという旅行スタイルを考えるなら、立地は非常に重要となる。なぜなら、バンコクの屋外を歩くのは、非常に体力を消耗するからだ。
 歩道はデコボコしていて、ところどころに消火栓が出ており、まっすぐには歩けない。露店や屋台が邪魔をして、いったん車道に出なければならないこともある。気温と湿度が高くなる雨季には、疲れはさらに倍加してしまう。毎日ホテルから出歩く場合に、スカイトレインの駅まで徒歩3分なのか徒歩10分なのかは、とても重要なのだ。

 ホテルの公式サイトにあるロケーションマップは超デフオルメされていることが多いので、ガイドブックの詳細な地図を確認するなどして確認したい(なお、この例はツアーでのホテル選びにもあてはまる。海外旅行初心者がツイタワーホテルやインペリアルクイーンズパークに泊まると、駅まで出るのも一苦労かもしれない。逆にアジアホテルやシェラトングランデスクンビットでは、目の前が駅なので安心できる)。

 また、バンコクではホテルの買収やホテル間での従業員の移籍が、日本以上にひんぱんだ。そのため、ほんの短い期間でホテルのサービスが急低下してしまう場合も珍しくない。過去に泊まった人の口コミ情報は参考になるが、あまりに古い情報では内容が大きく異なっている場合もあるので、注意しよう。

▲ページのTOPへ
[サイトご利用上の注意]
 このサイトの情報については、できる限り最新のものを掲載するように心がけておりますが、料金の改定その他の理由で情報が不正確となっている場合があります。
 掲載されている情報につきましては、ご自身の判断でご利用いただきますよう、お願いします。情報の誤りによって生じたご利用者の損害等につきましての責は負いかねますので、ご容赦ください。
 また、当サイトに掲載されている情報や画像の無断転載は、堅くお断り申し上げます。
◆ドンムアン空港
空港から市内まで ≫
空港施設ガイド ≫
◆街とエリア
スクンビット地区 ≫
シーロム地区 ≫
チットロム地区 ≫
サイアム地区 ≫
ドゥシット地区 ≫
ヤワラー地区 ≫
ラチャダー地区 ≫
◆市内交通
メータータクシー ≫
スカイトレイン ≫
地下鉄 ≫
ソイバス ≫
路線バス ≫
水上交通 ≫
運河ボート ≫
その他 ≫
◆宿泊施設
ホテル事情 ≫
ホテルガイド ≫
サービスアパート ≫
ゲストハウス ≫
◆買い物・食事
デパート ≫
露店 ≫
マーケット ≫
レストラン ≫
フードセンター ≫
屋台 ≫
◆リラクゼーション
エステ ≫
古式マッサージ ≫
◆生活情報
携帯電話 ≫
公衆電話 ≫
ネットカフェ ≫
日本語情報誌 ≫
◆サイト情報
このサイトについて ≫
お問い合わせ ≫
<PR>

copyright Onthai 1996-2004, all rights reserved.