Onthaiトップページリラクゼーションエステ
エステ
リーズナブルな料金でプリンセスの気分満喫。
(最終更新日:2004年7月1日)

●リーズナブルな価格がバンコクエステ最大の魅力
「自分を磨きたい」女の子にとって、エステ天国バンコクは最適な街だ。数多くのお店から選べる選択肢の広さ、日本よりリーズナブルな料金、バリエーションに富んだ内容が魅力。
 日本人駐在員の奥様方の利用が多い店では、日本人スタッフも常駐しているので、いちばん頭を悩ませる予約とコース選択の際も、言葉の心配がいらないのは心強い。

 コースは1時間〜3時間のコンビネーションパッケージが主流だが、途中に食事をはさんだ1日コースも用意するお店も多い。そのテクニックは、日本で受けるエステと同レベル以上と言われており、エアラインの日本人クルーの間でも「日本でエステに行く気がしなくなる」と、高く評価されている。

ホテル内のエステサロンは客室のある階とは別フロアとされ、落ち着いた雰囲気を保っていることが多い。 スクンビットの奥には隠れ家のようなエステサロンが点在する。ゆったりとした敷地で緑も多く、リラックスできる環境だ。

■バンコク市内の主なエステサロン
店舗名 アクセス方法(スカイトレイン最寄り駅・距離)
ブアスパ スクンビット通りソイ53を入って500mくらい(トンロー駅・徒歩10分)
ビーイングスパ スクンビット通りソイ51を入って400mの突き当たりを左折すぐ(トンロー駅・徒歩15分)
パームハーバルリトリート スクンビット通りソイトンロー(ソイ55)を入り、ソイ16で右折すぐ左(トンロー駅・徒歩20分)
テラワンスパ シーロム通りとラマ4世通りの角、デュシタニホテル内(サラデン駅・徒歩5分)
マンダラスパ スクンビット通りソイ22入る、インペリアルクイーンズパークホテル内(プロンポン駅・徒歩13分)
グランデスパ スクンビット通りソイ12と14の間、シェラトングランデスクンビットホテル内(アソーク駅・徒歩2分)
バニヤンツリースパ サトーン通り、バニヤンツリーホテル内(サラデン駅・徒歩15分)
マイスパ スクンビット通りソイ12と14の間、タイムズスクエア内(アソーク駅・徒歩3分)
ハナコトーキョー サイアムスクエア内ソイ11(サイアム駅・徒歩5分)

●一軒家かホテル内か、選ぶのはどっち?
 これらのエステ店のロケーションは、そのお店のつくりで大きくふたつに分かれている。
 一軒家を利用したエステ店は、主にスクンビット地区のソイの奥に点在。周囲を高級住宅街に囲まれているので、落ち着いた雰囲気が特徴だ。
 もうひとつは、高級ホテルのテナントとして入っているパターン。こちらは豪華な設備が特徴で、宿泊者なら移動時間のロスなく毎日エステ三昧を楽しめる。

 料金の相場は、選ぶコースによっても違うが、1時間1500バーツ〜2000バーツ、3時間4000バーツ〜6000バーツがボリュームゾーン。
 もちろん値段だけで選ぶものではないため、旅行ガイドの情報や実際のコース内容をお店に問い合わせるなどしてチョイスするのがオススメだ。

▲ページのTOPへ
[サイトご利用上の注意]
 このサイトの情報については、できる限り最新のものを掲載するように心がけておりますが、料金の改定その他の理由で情報が不正確となっている場合があります。
 掲載されている情報につきましては、ご自身の判断でご利用いただきますよう、お願いします。情報の誤りによって生じたご利用者の損害等につきましての責は負いかねますので、ご容赦ください。
 また、当サイトに掲載されている情報や画像の無断転載は、堅くお断り申し上げます。
◆ドンムアン空港
空港から市内まで ≫
空港施設ガイド ≫
◆街とエリア
スクンビット地区 ≫
シーロム地区 ≫
チットロム地区 ≫
サイアム地区 ≫
ドゥシット地区 ≫
ヤワラー地区 ≫
ラチャダー地区 ≫
◆市内交通
メータータクシー ≫
スカイトレイン ≫
地下鉄 ≫
ソイバス ≫
路線バス ≫
水上交通 ≫
運河ボート ≫
その他 ≫
◆宿泊施設
ホテル事情 ≫
ホテルガイド ≫
サービスアパート ≫
ゲストハウス ≫
◆買い物・食事
デパート ≫
露店 ≫
マーケット ≫
レストラン ≫
フードセンター ≫
屋台 ≫
◆リラクゼーション
エステ ≫
古式マッサージ ≫
◆生活情報
携帯電話 ≫
公衆電話 ≫
ネットカフェ ≫
日本語情報誌 ≫
◆サイト情報
このサイトについて ≫
お問い合わせ ≫
<PR>
copyright Onthai 1996-2004, all rights reserved.