Onthaiトップページリラクゼーション古式マッサージ
古式マッサージ
タイの伝統にのっとった、究極のヒーリング
(最終更新日:2004年7月1日)

●石を投げるとマッサージ店に当たる!?
 バンコク市内には星の数ほどのマッサージ店がある。実際にはタイ語のみで看板を掲げたローカル系のマッサージ店もあるから、その数は観光客が気づくよりもはるかに多いだろう。それほどマッサージはバンコク市民の生活にとけこんでいる存在なのだ。

 マッサージの種類は大きく分けて2種類ある。ひとつが古式マッサージで、一般的にタイ式マッサージやBody Massage、Traditional Massageの表記があるのがこちら。
 もうひとつは足裏マッサージで、Foot Massage、Reflexologyとも表記される。それぞれの専門店のほか、ひとつの店で両方のサービスを行うお店もある。

スクンビット地区のソイには、このような小規模のマッサージ店が多数ある。足裏マッサジは足型のイラストが目印。 スクンビット通りソイ33にあるポーマッサージは、総本山ワットポーと提携しており、スクールも併設する。

●古式の心地よさも、足裏の爽快感も捨てがたい
 それぞれの内容について簡単に説明しよう。古式マッサージは全身が対象。足から腰へ、手から肩へと、マッサージは身体の末端から中心へと進み、最後に首から頭をほぐして終了。
 お店によっては1時間コースも用意されているが、1時間ではかなり駆け足となる。できるだけ2時間コースを選択しよう。

 足裏マッサージは、まず足の裏全体をニベアなどのクリームでマッサージした後、指や木の棒でツボをぐいぐいと押していく。
 かなり痛いこともあるが、終わった後に靴を履くと、足のむくみが取れ、ひと回りサイズが小さくなっていることに気づくはずだ。

 マッサージ料金の安さはある意味驚異的で、古式マッサージでは2時間300バーツくらいから、足裏マッサージは1時間250バーツくらいからが相場。日本のマッサージ料金を考えると、お値打ち感がわかるだろう。

スクンビット通りソイ49のドクターフィートは、在住の日本人に人気。ソイの入り口からは遠く、徒歩でのアクセスは困難だ。 アジアハーブアソシエイションは、スクンビット通りソイ24。バリエーションあるコース内容が魅力で、利用は要予約。

●自分の希望にあわせてお店をチョイスしよう
 これらのマッサージ店は、ターゲットとする客層にあわせていくつかのクラスがある。もっとも安価(観光客でも利用可能というカテゴリで)なのは、街中のマッサージ店。
 たいていはホテルの周辺にあり、ガラス張りの店頭に“マッサージ”“Massage”などの表記があるのですぐわかる。上で述べた相場の最安値レベルにあるのが、このクラスとなる。

 次のクラスは、主に在住の駐在員などもターゲットとしたマッサージ店。ソイの奥など、観光客はややアプローチしにくい場所に立地していて、価格は街中のマッサージ店よりは高くなる。
 ただ、ウデの確かなマッサージ師を揃えており、同じ人を指名するリピーターも多い。

 最後は、エステ店に近いポジションにあるマッサージ店。高級ホテル内や一軒家など、立地やコース内容もエステ店に近く、ハーバルボールによる施術やハーブバスなどを備えている店もある。

 なお、古式マッサージと非常に混同されやすい存在として、“風俗店”であるマッサージパーラーが挙げられる。古式マッサージと間違えてマッサージパーラーに入ってしまったという、笑えない実話もあるくらいだ。
 両者のいちばん簡単な見分け方は、旅行ガイドに掲載されているかどうかということになるが、店のつくりと立地でも判断できる。
 人通りの多いソイにあり、ガラス張りの店内が見渡せるようになっているマッサージ店は、健全な古式マッサージ店と考えて差し支えない。

▲ページのTOPへ
[サイトご利用上の注意]
 このサイトの情報については、できる限り最新のものを掲載するように心がけておりますが、料金の改定その他の理由で情報が不正確となっている場合があります。
 掲載されている情報につきましては、ご自身の判断でご利用いただきますよう、お願いします。情報の誤りによって生じたご利用者の損害等につきましての責は負いかねますので、ご容赦ください。
 また、当サイトに掲載されている情報や画像の無断転載は、堅くお断り申し上げます。
◆ドンムアン空港
空港から市内まで ≫
空港施設ガイド ≫
◆街とエリア
スクンビット地区 ≫
シーロム地区 ≫
チットロム地区 ≫
サイアム地区 ≫
ドゥシット地区 ≫
ヤワラー地区 ≫
ラチャダー地区 ≫
◆市内交通
メータータクシー ≫
スカイトレイン ≫
地下鉄 ≫
ソイバス ≫
路線バス ≫
水上交通 ≫
運河ボート ≫
その他 ≫
◆宿泊施設
ホテル事情 ≫
ホテルガイド ≫
サービスアパート ≫
ゲストハウス ≫
◆買い物・食事
デパート ≫
露店 ≫
マーケット ≫
レストラン ≫
フードセンター ≫
屋台 ≫
◆リラクゼーション
エステ ≫
古式マッサージ ≫
◆生活情報
携帯電話 ≫
公衆電話 ≫
ネットカフェ ≫
日本語情報誌 ≫
◆サイト情報
このサイトについて ≫
お問い合わせ ≫
<PR>
copyright Onthai 1996-2004, all rights reserved.