Onthaiトップページ買い物・食事デパート
デパート
日系資本デパートからローカル系まで、個性いろいろ。
(最終更新日:2004年7月1日)

●伊勢丹なら、「円」での買い物も可能だ
 バンコクで買い物するとき、いちばん日本に近い感覚で楽しめるのがデパートだ。
 とくに市街中心部にあるデパートでは、商品名も日本語で表記されているし、丁寧な商品解説も表示される。ショーウインドーだけを見ていると日本のデパートにいるかのようだ。
 さらに、日本語での対応が可能なスタッフも多い。

 そうしたデパートの中で、もっとも“日本的”なのは、やはりセントラルワールドプラザに入居している伊勢丹デパートだろう。
 観光客をターゲットとしたサービスも特徴で、食品フロア(日本のデパートとは違い、5Fにあるので注意)にはお土産としてオススメできる商品に特別の表示がされているので、時間がないときは非常に重宝する。
 また、日本の伊勢丹の商品券も使えるし(全国共通デパート商品券は使用不可)、円での買い物も可能だ。

伊勢丹デパートには、日本に蘭の花を届けてくれるサービスも用意されている。喜ばれるお土産として人気も高い。 スカイトレイン・チットロム駅に直結する、セントラルチットロム。駅のホームに降りればすぐにわかる場所だ。

■バンコク市内の主なデパート
デパート名 特徴 アクセス方法
伊勢丹バンコク店 在住の日本人にも人気が高い。時間のないときのお土産探しに便利。スカイトレインの駅からは意外に歩く スカイトレイン・チットロム駅下車。連絡通路でゲイソンプラザへ入り、店内を通り抜けラチャダムリ通りをまたぐ歩道橋を渡る
タイ東急 ローカル色が豊かなデパート。安めの衣料品が充実している スカイトレイン・ナショナルスタジアム駅から連絡通路で直結
エンポリウム
デパートメント
ストア
在住の欧米人とタイ人富裕層に人気。休日は駐車場の出入りで付近の道路が大渋滞することもある スカイトレイン・プロンポン駅から連絡通路でエンポリウムに入り、専門店街を左前方に抜ける
セントラル
チットロム
店内はやや手狭だが、清潔な印象。他のセントラルデパートとは明らかに一線を画す スカイトレイン・チットロム駅から連絡通路で直結
ロビンソン
(スクンビット)
ソイアソーク(ソイ21)より西側で買い物をするとしたら、とりあえずココという存在 スカイトレイン・アソーク駅のナナ側出口を出てすぐ。入り口の車寄せを通るクルマに注意
ロビンソン
(シーロム)
シーロム通り入り口角の一等地にあるデパート。1Fのマクドナルドはこのエリアでの待ち合わせに便利 スカイトレイン・サラデン駅のラマ4世通り側出口を出て徒歩2〜3分

●セントラルチットロムの人気が急上昇中
 同じ日系のデパートでも、東急デパートはちょっとカラーに違いがある。ローカル系ショッピングセンターであるマーブンクロンセンターと同じビルにあるため、かなり地元客を重視した品揃えになっているのだ。

 また、スクンビット通りソイ24の角にあるエンポリウムデパートメントストアは、バンコクの富裕層に人気のあるデパート。店内は欧米風のテイストで、気の利いたお土産を探したい場合は、オススメだ。

 一方、バンコク市内に複数の店舗を持つローカル系デパートも存在する。セントラルデパートとロビンソンデパートがその代表格。
 これらのデパートは、観光客の多い場所ではそのニーズに合った店舗としているのが特徴で、とくにセントラルデパートの旗艦店であるセントラルチットロムは、店の内装、品揃えとも他のセントラルデパートよりワンランク上。プライベートで買い物を楽しむタイの芸能人の姿を見ることもある。

▲ページのTOPへ
[サイトご利用上の注意]
 このサイトの情報については、できる限り最新のものを掲載するように心がけておりますが、料金の改定その他の理由で情報が不正確となっている場合があります。
 掲載されている情報につきましては、ご自身の判断でご利用いただきますよう、お願いします。情報の誤りによって生じたご利用者の損害等につきましての責は負いかねますので、ご容赦ください。
 また、当サイトに掲載されている情報や画像の無断転載は、堅くお断り申し上げます。
◆ドンムアン空港
空港から市内まで ≫
空港施設ガイド ≫
◆街とエリア
スクンビット地区 ≫
シーロム地区 ≫
チットロム地区 ≫
サイアム地区 ≫
ドゥシット地区 ≫
ヤワラー地区 ≫
ラチャダー地区 ≫
◆市内交通
メータータクシー ≫
スカイトレイン ≫
地下鉄 ≫
ソイバス ≫
路線バス ≫
水上交通 ≫
運河ボート ≫
その他 ≫
◆宿泊施設
ホテル事情 ≫
ホテルガイド ≫
サービスアパート ≫
ゲストハウス ≫
◆買い物・食事
デパート ≫
露店 ≫
マーケット ≫
レストラン ≫
フードセンター ≫
屋台 ≫
◆リラクゼーション
エステ ≫
古式マッサージ ≫
◆生活情報
携帯電話 ≫
公衆電話 ≫
ネットカフェ ≫
日本語情報誌 ≫
◆サイト情報
このサイトについて ≫
お問い合わせ ≫
<PR>
copyright Onthai 1996-2004, all rights reserved.