Onthaiトップページ買い物・食事露店
露店
どんなに値切り交渉しても、結局は相手ペース!?
(最終更新日:2004年7月1日)

●エリアによって、露店のジャンルもさまざま
 バンコクの街を歩くと、あちこちで露店に出くわす。露店の多いエリアでは、歩道を埋め尽くすほどで、店先で値切り交渉しているお客さんを避けるために通行人が道を譲りあうケースもしばしば発生する。

 こうした露店は必ずしも観光客向けだけのものではなく、バンコクでは人の集まるところに露店が出るのはごく当たり前のことになっている。
 取り扱う品目は、ズバリ“その場所で売れるもの”だ。よって観光客が集まる場所ではTシャツや細々とした土産物、そして衣料品から時計にいたるコピー商品(日本への持ち込みは違法)を扱う露店が多いし、地元の若者が集まるエリアにはアクセサリーを扱う露店が出店する。

 また、衣料品市場であるプラトゥーナム市場のそばなら衣料品を扱う露店、小さな仏像のお守りの専門店が並ぶブッダストリートならお守り専門の露店ばかりとなる。

真夜中まで観光客でごったがえすパッポンの露店街。価格はまさに“観光地値段”で、かなりフッかけられることを覚悟。 こちらはローカル色の強いプラトゥーナムの露店街。これでもかというばかりに衣料品を扱う露店が並んでいる。

■バンコク市内の主な露店街
地域名 主な取り扱い品目 アクセス方法・営業時間
スクンビット通り
ソイ3〜13
卓上時計などの小型電化製品から民芸品、Tシャツ、昆虫の標本など、お土産物類 スカイトレイン・ナナ駅の奇数ソイ側出口を降りる。日中〜午後10時くらいまで
ラチャダムリ通り
伊勢丹向かい側
地元の若者向けにアクセサリー類を売る露店が点在。観光客向けにTシャツや土産物を売る露店もある スカイトレイン・チットロム駅からゲイソンプラザ側の歩道を北上。日中〜夕方がメイン
シーロム通り 観光客向けにTシャツなどの衣料品やバッグが中心 スカイトレイン・サラデン駅すぐ。夕方〜深夜
ソイパッポン Tシャツなどの衣料品とコピー製品が中心 スカイトレイン・サラデン駅からソイパッポンを入る。夕方〜深夜
プラトゥーナム 衣料品が中心で、必ずしも観光客向けというわけではない。他のエリアよりも衣料品は安め 伊勢丹デパート前からラチャダムリ通りを北上、プラトゥーナム交差点周辺。日中〜夕方過ぎ

●数字のやりとりは備え付けの電卓で
 露店での買い物は、基本的に店と客が交渉して値段を決める。ガイドブックには「相手の言い値の半額くらいから交渉」と書かれていることが多いが、結局は自分が納得できるかどうかだけの話。
 かなり値切ったつもりでも、実際には相手のペースに乗せられているだけという場合もあるから、値切り交渉を楽しむくらいの気持ちが重要だ。

 観光客の多いエリアの露店では、英語での交渉が可能。細かい数字のやりとりは店に備え付けの電卓を利用しよう。

▲ページのTOPへ
[サイトご利用上の注意]
 このサイトの情報については、できる限り最新のものを掲載するように心がけておりますが、料金の改定その他の理由で情報が不正確となっている場合があります。
 掲載されている情報につきましては、ご自身の判断でご利用いただきますよう、お願いします。情報の誤りによって生じたご利用者の損害等につきましての責は負いかねますので、ご容赦ください。
 また、当サイトに掲載されている情報や画像の無断転載は、堅くお断り申し上げます。
◆ドンムアン空港
空港から市内まで ≫
空港施設ガイド ≫
◆街とエリア
スクンビット地区 ≫
シーロム地区 ≫
チットロム地区 ≫
サイアム地区 ≫
ドゥシット地区 ≫
ヤワラー地区 ≫
ラチャダー地区 ≫
◆市内交通
メータータクシー ≫
スカイトレイン ≫
地下鉄 ≫
ソイバス ≫
路線バス ≫
水上交通 ≫
運河ボート ≫
その他 ≫
◆宿泊施設
ホテル事情 ≫
ホテルガイド ≫
サービスアパート ≫
ゲストハウス ≫
◆買い物・食事
デパート ≫
露店 ≫
マーケット ≫
レストラン ≫
フードセンター ≫
屋台 ≫
◆リラクゼーション
エステ ≫
古式マッサージ ≫
◆生活情報
携帯電話 ≫
公衆電話 ≫
ネットカフェ ≫
日本語情報誌 ≫
◆サイト情報
このサイトについて ≫
お問い合わせ ≫
<PR>
copyright Onthai 1996-2004, all rights reserved.