Onthaiトップページ街とエリアチットロム地区
チットロム地区
観光客の多くが立ち寄るショッピングゾーン。
(最終更新日:2004年7月1日)

この地区のホテルガイド ≫
●観光客と地元の人々で一日中にぎわう
 ラチャダムリ通りとプルンチット通り(西はラマ1世通り、東はスクンビット通りへとつながる道)との交差点を中心とする一角は、高級ホテルやショッピングセンターが集まるゾーンとなっている。また、ここはバンコク市内の交通の要衝ともなっているため、観光客だけでなく、地元の人々も行き交うにぎやかなエリアだ。
 交差点の東南の角には、バンコク市民の信仰を集めるエラワンの祠があり、参詣の列が絶えない。また、この交差点を通過するバスの乗客の多くが、この祠に向かって小さく手を合わせる(ワイをする)姿を見ることもできるだろう。

 そのエラワンの祠の対角線上、交差点の北西には、バンコクで最大規模のショッピングセンターのひとつ、セントラルワールドプラザがある。ビル内には、北から伊勢丹デパート、専門店街のワールドトレードセンター、ファッションビルのZENが入居しており、ツアーで訪れる日本人観光客が一度は買い物に寄る場所となっている。
 とくに伊勢丹は、店内での日本語表示や店員の対応など、日本人観光客を意識しており、お土産をそろえるには絶好のスポットだ。タイシルクで有名なジムトンプソンの支店もテナントとして入っている。

セントラルワールドプラザの北側を占める伊勢丹デパート。まるで日本で買い物しているかのような雰囲気だ。 地元の人々の厚い信仰を集めるエラワンの祠。お参りに来る人がひっきりなしで、線香の煙が絶えることはない

●個性派のお土産選びにはビッグCがオススメ
 セントラルワールドプラザからラチャダムリ通りを挟んで向かいには、ディスカウントストアのビッグC、民芸品系土産物店のナライパン、高級ファッションビルのゲイソンプラザが並ぶ。
 ビッグCは地元客に人気のお店で、日本でいうところのダイクマやMr.MAXといった存在。お菓子から日用品まで、さまざまな商品を取りそろえている。「いかにも」な土産物ではないローカルっぽいものを買いたい人にオススメだ。

 ナライパンは、タイシルクや錫や銀製品などの民芸品を中心に取り扱う。また、上のフロアにはエスニック色にあふれた家具を扱うお店も入居。日本への船便等での配送も可能なので、こだわりのある人ならチャレンジしたい。

ゲイソンプラザの店内。スカイトレインから2Fに直結するが、いったん3Fを経由しないと地上に出れないというのが難点。 ナライパンの外観は、改装を受けて現代風にアップデート。この写真のエントランス左にクーンデンがある。

 1Fのエントランスそばにあるのが、リボンバッグで有名なクーンデン。このお店はもともとプラトゥーナムのインドラショッピングアーケードにあったが、より便利な場所に移転してきたもの。コストパフォーマンスが非常に高いので、女性の友人へのお土産物を探すにはもってこいだ。

 ゲイソンプラザは、エンポリウムが開店するまで、バンコクのセレブファッションをリードしてきたテナントビル。エンポリウムの開店後は高級ブランドの移転もあり、ややパワーを落としていたが、大規模な店内改装などを行い、再びかつての勢力を取り戻しつつある。

●運河を越えれば大型繊維市場、プラトゥーナム
 このエリアから北に足を伸ばしてセンセープ運河を越えれば、プラトゥーナム市場にアクセスできる。この市場はバンコク最大の繊維市場で、奥に進むとまるで迷路。
 雰囲気を楽しみたい人は、入り口付近のTシャツを売る露店あたりでの買い物がオススメ。観光客が集まる繁華街の露店よりも、確実に安い。

▲ページのTOPへ
[サイトご利用上の注意]
 このサイトの情報については、できる限り最新のものを掲載するように心がけておりますが、料金の改定その他の理由で情報が不正確となっている場合があります。
 掲載されている情報につきましては、ご自身の判断でご利用いただきますよう、お願いします。情報の誤りによって生じたご利用者の損害等につきましての責は負いかねますので、ご容赦ください。
 また、当サイトに掲載されている情報や画像の無断転載は、堅くお断り申し上げます。
◆ドンムアン空港
空港から市内まで ≫
空港施設ガイド ≫
◆街とエリア
スクンビット地区 ≫
シーロム地区 ≫
チットロム地区 ≫
サイアム地区 ≫
ドゥシット地区 ≫
ヤワラー地区 ≫
ラチャダー地区 ≫
◆市内交通
メータータクシー ≫
スカイトレイン ≫
地下鉄 ≫
ソイバス ≫
路線バス ≫
水上交通 ≫
運河ボート ≫
その他 ≫
◆宿泊施設
ホテル事情 ≫
ホテルガイド ≫
サービスアパート ≫
ゲストハウス ≫
◆買い物・食事
デパート ≫
露店 ≫
マーケット ≫
レストラン ≫
フードセンター ≫
屋台 ≫
◆リラクゼーション
エステ ≫
古式マッサージ ≫
◆生活情報
携帯電話 ≫
公衆電話 ≫
ネットカフェ ≫
日本語情報誌 ≫
◆サイト情報
このサイトについて ≫
お問い合わせ ≫
<PR>
copyright Onthai 1996-2004, all rights reserved.