Onthaiトップページ街とエリアシーロム地区
シーロム地区
ビジネス街と歓楽街、ふたつの顔を持つ街。
(最終更新日:2004年7月1日)

この地区のホテルガイド ≫
●超高級ホテルを背景に古くから発展
 広大なルンピニー公園付近からチャオプラヤー河畔を結ぶ大通りが、シーロム通り。この通りは、バンコクのビジネス街の中心として、またチャオプラヤー川沿いに並ぶ超高級ホテルの宿泊者が散策する街として栄えている。

 もっとも人が多く行き交うエリアは、ルンピニー公園寄り、スカイトレインのサラデン駅周辺。通りの南側シーロムコンプレックス、CPタワーなどの高層オフィスビルが並び、スーツ姿のエリートビジネスマンが働く。

 その反対側は、雑多なイメージ。ソイタニヤ、ソイ4、ソイパッポンなどのソイは、昼間こそ閑散としているが、夜は一大歓楽街へと変貌する。ソイタニヤは日本人向けのカラオケクラブが多数ひしめき、ソイ4はバンコクのゲイシーンの中心。ソイパッポンは、言わずと知れたバンコク最大の歓楽街だ。

 シーロム通りを西に進み、チョンノンシー通りを渡ったエリアまで来ると、観光客向けの土産物店が多くなる。
 人通りも少なくなり、涼しい乾季には絶好のウインドーショッピングゾーンだ。

CPタワーの前を行き交うビジネスマンたち。お昼時にはスーツ姿で屋台に並ぶという「いかにもタイらしい」光景が見れる。 ソイタニヤ。通りの左右は日本人向けカラオケクラブの日本語の看板だらけ。海外で日本人が日本人を接待する場所だ。

●並行するスリウォン、サトーンもそれぞれの個性で発展
 さらに西へと進むと、シーロム通りはチャルンクルン通り(ニューロード)へと突き当たり、右はオリエンタル、左はシャングリラという、バンコクを代表する超高級ホテルへアプローチできる。

 一方、シーロム通りの北に200mの間隔をとって並行するスリウォン通りは、中高級ホテルの並ぶ通り。シーロム通りの持つビジネス色はかなり薄くなり、観光客のためのお店やレストランが多い。
 ソイタニヤとソイパッポンの間にあるソイスリウォンは、わずか150mほどのソイだが、有馬温泉に代表される古式マッサージ店が並び、午後から夕方の時間帯は、疲れをほぐしにくる日本人観光客の姿が多くなる。

 シーロム通りから南に延びるソイサラデン、ソイコンベントは、オシャレ系のレストランが点在。バンコクのカフェブームの元祖、アンナズカフェの本店は、地元で働く西洋人や地元の富裕層に人気だ。さらに南の大通り、サトーン通りは超高層ビルの並ぶ、新しいビジネス街となっている。

▲ページのTOPへ
[サイトご利用上の注意]
 このサイトの情報については、できる限り最新のものを掲載するように心がけておりますが、料金の改定その他の理由で情報が不正確となっている場合があります。
 掲載されている情報につきましては、ご自身の判断でご利用いただきますよう、お願いします。情報の誤りによって生じたご利用者の損害等につきましての責は負いかねますので、ご容赦ください。
 また、当サイトに掲載されている情報や画像の無断転載は、堅くお断り申し上げます。
◆ドンムアン空港
空港から市内まで ≫
空港施設ガイド ≫
◆街とエリア
スクンビット地区 ≫
シーロム地区 ≫
チットロム地区 ≫
サイアム地区 ≫
ドゥシット地区 ≫
ヤワラー地区 ≫
ラチャダー地区 ≫
◆市内交通
メータータクシー ≫
スカイトレイン ≫
地下鉄 ≫
ソイバス ≫
路線バス ≫
水上交通 ≫
運河ボート ≫
その他 ≫
◆宿泊施設
ホテル事情 ≫
ホテルガイド ≫
サービスアパート ≫
ゲストハウス ≫
◆買い物・食事
デパート ≫
露店 ≫
マーケット ≫
レストラン ≫
フードセンター ≫
屋台 ≫
◆リラクゼーション
エステ ≫
古式マッサージ ≫
◆生活情報
携帯電話 ≫
公衆電話 ≫
ネットカフェ ≫
日本語情報誌 ≫
◆サイト情報
このサイトについて ≫
お問い合わせ ≫
<PR>
copyright Onthai 1996-2004, all rights reserved.