Onthaiトップページ街とエリアスクンビット地区
スクンビット地区
 観光客でにぎわう、バンコク随一のホテル密集エリア。
(最終更新日:2004年7月1日)

この地区のホテルガイド(西側) ≫
この地区のホテルガイド(東側) ≫
●スカイトレインが走る、目抜き通り
 バンコク市街東部から東南方向に延びる大通り「スクンビット通り」周辺のエリア。スクンビット通りの南北にはソイが多数走っており、ソイごとに特徴ある街が形成されている。スクンビット通りのソイは、有名なソイ(アソーク、トンロー、エカマイなど)をのぞき番号で呼ばれることが一般的。通りの北側のソイには奇数が、南側には偶数が割り当てられている。
 スクンビット通りの上を走る高架鉄道「スカイトレイン(BTS)」には、500m〜1km間隔で駅があって、このエリアの交通の利便性に大きく役立っている。

バンコク名物の渋滞。スクンビット通りも、その例外ではない。ただ、スカイトレインが使えるので影響は最小限。 スクンビット通りに並ぶ露店と、その前を行き交う観光客。ゲームから衣料品まで、さまざまな露店が並ぶ。

●観光客と駐在の外国人が主役
 ソイのひと桁台から20番台くらいまでには、大型のホテルが多数あって、観光客の多いエリアとなっている。とくに通りの北側、ソイ3〜ソイ15あたりの路上は観光客をターゲットとした露店の土産物店が多数並び、夕方から夜にかけては歩くのに困難を感じるような状態となる。また、このエリアではソイ3〜5がインド/アラブ人街となっていて、本格的なアラブ料理を出す店がいくつもある。

 一方、20番台から50番台にかけては、駐在員が住む高層コンドミニアムが増えてくる。買い物に出かけて日本語を聞くことも珍しくない、そんなエリアだ。このエリアのランドマーク的な存在が、シリキット公園隣にあるファッションビル「エンポリウム」。
 店内はエンポリウムデパートメントストアと専門店街で構成され、高級品を扱うブティックやショップが入居している。買い物客は日本人、西洋人が多く、まるでバンコクにいることを忘れるような空間だ。スカイトレインのプロンポン駅から直結しているので、他のエリアから買い物にくるときも非常に便利だ。

 一方、スクンビット通りを挟んでシリキット公園の反対側にあるソイ33/1は、在住の日本人が多く集まる場所。日本の食材を多く扱う「フジスーパー」のほか、日本料理店、レンタルビデオ店などが狭いエリアに密集している。

ソイ24の入り口にあるファッションビル「エンポリウム」。店内はある種の異空間で、バンコクの庶民には縁のない場所。 ソイ33/1は、在住の日本人を相手にしたッレストラン、クリーニング店などが多数並ぶ。看板も日本語ばかりだ。

●東へ進むほど、ローカル色が濃くなってくる
 さらに東、ソイトンロー(ソイ55)の周辺は、高級系のレストランやエステ店が点在するエリア。ただ、その多くは観光客ではなく、地元の駐在員や富裕層を相手にしているため、通りからやや奥まった場所に立地しているケースが多い。初めてバンコクを訪れた旅行者が行くには、やや困難を感じるだろう。
 スカイトレインの東の終点、オンヌット駅には、大型ショッピングセンター「ロータス」が直結している。広い店内には、生活用品から安くて細々とした雑貨まで、眺めているだけでも楽しい商品が並んでいるので、ローカルのショッピングセンターの雰囲気を味わいたい人にはおすすめだ。

▲ページのTOPへ
[サイトご利用上の注意]
 このサイトの情報については、できる限り最新のものを掲載するように心がけておりますが、料金の改定その他の理由で情報が不正確となっている場合があります。
 掲載されている情報につきましては、ご自身の判断でご利用いただきますよう、お願いします。情報の誤りによって生じたご利用者の損害等につきましての責は負いかねますので、ご容赦ください。
 また、当サイトに掲載されている情報や画像の無断転載は、堅くお断り申し上げます。
◆ドンムアン空港
空港から市内まで ≫
空港施設ガイド ≫
◆街とエリア
スクンビット地区 ≫
シーロム地区 ≫
チットロム地区 ≫
サイアム地区 ≫
ドゥシット地区 ≫
ヤワラー地区 ≫
ラチャダー地区 ≫
◆市内交通
メータータクシー ≫
スカイトレイン ≫
地下鉄 ≫
ソイバス ≫
路線バス ≫
水上交通 ≫
運河ボート ≫
その他 ≫
◆宿泊施設
ホテル事情 ≫
ホテルガイド ≫
サービスアパート ≫
ゲストハウス ≫
◆買い物・食事
デパート ≫
露店 ≫
マーケット ≫
レストラン ≫
フードセンター ≫
屋台 ≫
◆リラクゼーション
エステ ≫
古式マッサージ ≫
◆生活情報
携帯電話 ≫
公衆電話 ≫
ネットカフェ ≫
日本語情報誌 ≫
◆サイト情報
このサイトについて ≫
お問い合わせ ≫
<PR>
copyright Onthai 1996-2004, all rights reserved.